浴衣♪ 女の子の着せ方は?子供の浴衣はとっても簡単!

夏になると、花火大会や盆踊りなど地域のお祭り行事が増えますね。もうお祭って聞くだけで、ワクワクしてしまいます。そして、無性に着たくなる浴衣♪

小学生の頃、浴衣を母に着せてもらうのが、とっても嬉しかった記憶があります。

浴衣 女の子 着せ方

今は、女の子の浴衣は種類も豊富ですね。女の子ならではのレースいっぱいの浴衣ドレスもあって、普通の浴衣にするかどうするかなんて悩むママも多いです。

小さいうちから、ちゃんとした浴衣を着せてあげたいと思う気持ちはあっても着せ方が不安だったりすると、浴衣ドレスが良いかな、なんてとっても迷います。

小学1年生の姪っ子、これまでは浴衣ドレスでしたが今年は本物の!?浴衣デビューをすることになりました。着せ方が不安な私の姉は、私に姪っ子の着せ付けよろしくと…。

私の娘は2歳で浴衣はまだ先と思っていたのに、ひょんなことから女の子着せ付けにチャレンジすることになりました。

私も着せ方は知らなかったのですが、いざ着せてみると、大人の浴衣と違ってとっても簡単♪浴衣 女の子の着せ方は?着せるポイントもあわせてまとめてみました。

スポンサードリンク

子供浴衣 羽織って結ぶだけ!?

今はセパレートで下がスカートになっている、浴衣ドレスを着ている子も多いですよね。レースがたくさんついていて、去年姪っ子が着ているのを見ましたが、可愛らしかったです。

女の子しか着れない特別感や、動きやすさ、着崩れの心配もほとんどないのが良いですね。着せ方も羽織ってスカート履いてって感じでとても楽♪

伝統ある浴衣を着せたい!

でもでも!やっぱり昔ならではの浴衣は捨てがたいですよね。特にシンプル好きなママであれば、断然ふつうの浴衣を着せたいって人は多いです。

そこで心配なのが浴衣の着せ方。みんな大人の浴衣の着せ方を想像して、躊躇してしまいます。

子供の浴衣は大人の浴衣とは違って、あらかじめ肩上げと腰上げがされていて、子供にぴったりのサイズで着せるんです。浴衣自体に紐がついていることが多いので、腰紐もいりません。

簡単に言えば、浴衣羽織らせて、浴衣についている紐で結んで、帯をくるくるっと巻いて完成♪

大人だと後ろ衿を抜きますが、子供には不要ですし、腰上げしてあるのでおはしょりを作らなくても大丈夫。そして、帯は基本柔らかい素材の兵児帯なので、蝶々結びでOKなんです。

これを見ると、私でも出来そうって思いませんか??ではもう少し詳しく、着せ方ときれいに見せるポイントを下記にまとめてみます。

ネットや量販店で買った既製品の場合は、自宅で再度お直しが必要になるかもしれません。

子供にあわせて肩上げと腰上げをしておくことで、着せ方も簡単になり着崩れしにくいので、動き回る子供には必須!翌年は、その時の子供の体型にあわせて、またお直し。数年は着てほしいですね。

スポンサードリンク

浴衣の着せ方 ポイントは?

子供の浴衣の着せ方はとっても簡単♪といっても、だらしがない印象にならないようポイントは押さえましょう。

  1. 浴衣をはおらせる。
  2. 浴衣の後ろの中央の縫い目が、子供の背中の真ん中にくるように!

  3. 浴衣についている紐を後ろで交差します。衿合わせは、子供から見て右が手前にきます。
  4. はだけ過ぎはNG。喉のくぼみが隠れるように、衿をあわせましょう。

  5. 背中で交差した紐を前で結ぶ。余った紐は、脇の腰紐に絡ませればOKです。前で結ぶとき、帯からでない範囲で下の方で結ぶとはだけにくいですよ。
  6. 背中がシワシワになっていないかチェック!余分なシワは、脇に持っていきましょう。

浴衣 女の子 着せ方2

コレで浴衣は完成♪残るは帯ですが、1番簡単なのは、子供にくるくるっと二重に巻いて、後ろで蝶々結びをするだけです。

胴回りは、帯が交差したりくしゃくしゃにならないようにすること。蝶々結びは、帯の上側に左右バランスよく作りましょう。

以上です。こんなに簡単なら、子供の浴衣にチャレンジしてみたいですよね♪私の周りだと、3歳くらいから浴衣デビューしている子も結構います。

体の凹凸が出てきたらタオルで補正

肩上げや腰上げがある子供の浴衣はいつまでかと聞かれると、私が調べたところでは小学生のうちかなという印象です。私の周りだと、高学年では肩上げなどをしている子はあまり見かけません。

高学年になれば身体つきが女性らしくなってくる子も多いので、大人と同じように着せてあげても良いですね。

ウエストが細めな子であれば、タオルをまいて腰ひもでとめて補正してあげると良いと思います。補正の目的は「寸胴」にすること。体の凹凸を少なくするほうが、着崩れも防げますよ。

私は初めて1人で浴衣を着たのが20歳ごろだったのですが、母が着せてくれた手順やきれいに着るポイントを覚えていたので、初めてでも意外にちゃんと着ることができました。

ここ押さえてて、なんて母に言われながら着せてもらっていたのが懐かしく感じます。是非、浴衣があまり得意でないママも、浴衣の着せ方を覚えて、子供に着せてあげましょう♪

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ