赤ちゃんの日焼け止め♪落とし方って?

春を過ぎると、紫外線が気になる今日この頃。暖かい日も続いて、お散歩日和です。行楽のシーズンもやってきました♪

赤ちゃん 日焼け止め 落とし方

これから暑い夏もやってきます。赤ちゃんにとっては初めての経験がたくさん!親としても楽しみですよね。

自分の紫外線対策はもちろんだけど、子供の対策も要チェックです!赤ちゃんにも日焼け止めを塗って用心して・・・。

そしてふとした疑問が!!赤ちゃんに日焼け止めを塗った後は、そのままでいいのでしょうか?

大人はクレンジングしてキレイになるけど、赤ちゃんはそのままで大丈夫?気になる赤ちゃんの日焼け止めの落とし方をチェックしてみましょう!

スポンサードリンク

赤ちゃんの皮膚は弱い

大人に比べると、赤ちゃんの皮膚は弱いですよね。そんな赤ちゃんに、そもそも日焼け止めを使っていいの?と思う人も少なくありません。

でも、日焼け止めを塗りたくないからと、外出を控えてしまうのはもったいない!と思いませんか?

赤ちゃんに外気浴は大切なもの。紫外線対策をしっかりとして、楽しく外の世界も感じてほしいですよね。

日焼け止めを塗るのも肌に心配だけど、紫外線を受けることによって、将来のシミやそばかすなどの肌トラブルも心配…。

そういう場合は、日焼け止めでケアしたほうがよいとされています。日焼け止めよりも、紫外線のダメージの方が大きいということです。

日中は、10時~14時が紫外線の強い時間帯です。気温も高くなっているので、なるべく避けて外出しましょう。

購入する前に表示をチェック!

日焼け止めは赤ちゃん用と記載されているものを選びます。乳液タイプ、クリームタイプと色々なものがありますので、お好みのものを。

赤ちゃんが塗るのを嫌がらないよう、ベタベタしないものを選ぶのもポイントです。

赤ちゃんの肌にやさしい低刺激の物、成分もチェックです。最近は、紫外線吸収剤などの合成成分を使わない、ノンケミカルのものも多く販売されています。

無香料、無着色といったことも肌にやさしいポイントです。なるべく低刺激のものを選びたいですね。

そして、ここで落とし方をチェックしておきます。購入する前に、落とし方を確認しておくことが大切なんです!日焼け止めの落とし方でも、

●石鹸で落とすもの
●お湯で流すだけ
●クレンジングが必要

と、色々な方法がありますので、よく選んでから決めましょう。最近はオーガニック素材のものが、落としやすいとママたちの間で人気です。

大人用でも、赤ちゃんもOKというものもあります。よく確認してから購入・使用しましょう!

スポンサードリンク

顔にぬっても大丈夫?

顔に塗る場合、目の周りは避けて塗ります。何でも舐めてしまう時期は、口の周りも避けておきましょう。

日焼け止めだけでなく、帽子やベビーカー、日陰を選ぶ、長袖のはおりもの、ということでも紫外線対策はできます。合わせ技で日焼けから守りましょう。

使う前にパッチテストを

また、肌が弱く心配な場合は、パッチテストをしてから使用しましょう。パッチテストとは、腕の内側に少量の日焼け止めをぬって、しばらく置くことです。

実際に日焼け止めを使う2日前くらいには、テストしましょう。日焼け止めを塗ったところが真っ赤になった!というのを防ぐことができます。

どんなに低刺激で赤ちゃんにやさしいとあっても、子供に合わない場合もあるので、気を付けたいですね。

日焼け止めの落とし方

購入した日焼け止めの落とし方を確認して、きれいに落としてあげましょう。日焼け止めを落とさないままでいることも、肌に負担がかかるのでよくありません。

赤ちゃん 日焼け止め 落とし方

赤ちゃん用は、ウォータープルーフであっても簡単に落ちるものが多いので、家に帰ったらしっかり洗い、落としてあげます。

ごしごしと落とすのは、よくありません。ガーゼハンカチをギュッと絞ってやさしく落とすと、刺激を与えずにすみますよ。

私は、赤ちゃん用の泡で出てくるボディーソープを愛用していましたが、落としやすかったです。

気になる場合は市販のものも

だいたいは石けんで落ちる日焼け止めですが、きちんと落ちたか気になる!場合には、市販のクレンジングも売っています。

赤ちゃん用で、赤ちゃんの肌でも使える日焼け止め落とし、というのがありますので合わせてチェックしてみましょう。

また、日焼け止めが落とせるシートも売っています。顔の洗い流しにくい部分など、先にシートで拭いてからお湯で流すという方法もあります。

また、選ぶときは低刺激のものがよいですね。赤ちゃんの紫外線対策、がんばっていきましょう!

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ