反抗期とは?小学生の女の子の場合

ついこの前まで赤ちゃんだったのに、あっという間に小学生。幼稚園の頃はお手伝いをお願いしたら喜んでやってくれていたのに、近頃どうも言うことをきいてくれない。

娘の反抗的な態度に悩んでいるママはいませんか?初めての反抗期は2歳児のイヤイヤ期と言われていますよね。

小学生

何を言っても嫌!と言われてしまう時期はママにとっても大変な時期でした…。そして本格的な反抗期は、中学生から高校生くらいの思春期に!

自分自身を振り返っても、思春期特有の心の中のもやもやはどうしようも出来なくて常にイライラ!親をかなり困らせた記憶があります。

だけど小学生の反抗的な態度はいったい何なのでしょうか?世間一般で言う反抗期にはまだまだ早い年齢。

毎日何を言っても反抗されては、いくら親といっても腹が立ちますよね。

では反抗期のような態度に、ママはどう対応していけば良いでしょうか?小学生の女の子の場合について見ていきましょう。

スポンサードリンク

小学生の反抗期

反抗期のない子供もいますが、小学生の子供が反抗的になってきたという話はよく聞きます。本格的な反抗期一歩手前ってとこでしょうか。

口答えや、返事をしないなどの態度が目立ってきます。うちの2年生の娘もお手伝いを頼んだら、やってはくれますが態度はかなりしぶしぶ…。

食事や遊びに対しても文句が多くなってきたように思います。対して年長の長男は現在やる気が爆発。お姉ちゃんよりたくさんお手伝いしてくれています。

反抗期も成長の証だけど本格的な反抗期が今から恐ろしいです…。

小学生の気持ち

新しい環境に慣れるには、精神的にも疲れます。入学して今までとは環境がまるで違う世界になり、1年生のうちは日々対応するのにいっぱい、いっぱい!

先生はいても、幼稚園のようにべったりということはなくなり、年齢が上がるにつれ大人の介入が少なくなってきます。

うちの娘も入学当初は新しいお友達が嬉しくて、徐々に放課後は遊びに行くように。世界が広がった分、ママが絶対!ではなくなってくるんですよね。

子供の方から少しずつ親離れしていく時期なので、親の干渉のし過ぎがイライラする原因になります。

口を出し過ぎていないかママ自身の態度も今一度考えてみましょう。

女の子への対応は?

女の子の場合、父親には生理的な嫌悪を抱き、母親にはライバル意識を持つような態度がよく見られます。

パパとお風呂に入らない、パパと寝ないなんて言われるとパパはショック!ですが無理にベタベタすればするほど後に響きます。

娘が大人になっても仲良しでいたいなら、反抗期の対応は重要です。

対して母親は同性同士ですから、分かり合えることもたくさんあれば、気に入らないこともたくさんあり、対立する場面も多くなります。

とは言っても相手は小学生。むきになって言い負かせようとするのはよくありません。それに親が命令口調では反発したくもなりますよ。

相手の主張が正しいなら認めてあげることも大切。明らかに違う部分は指摘して、逆ギレされても冷静に対応しましょう。

スポンサードリンク

イライラしてもこれはやってはダメ

先日娘に、ママいつも怒っている~と言われてハッとしました。それからはなるべく感情的に怒ることは抑えるようにしています。

とは言ってもママだって一人の人間。生意気な子供にイライラするのは当たり前。それを冷静に対応って言っても限度がありますよね。

ですが反抗的な態度に腹を立てても、ママがやってはいけないことがあります。

それは頭ごなしに怒り、話を聞かないこと。人格を否定するような言葉もいけません。

いつもどうでも良いことは聞いてくるのに、本当に言いたいことは聞いてくれないと、そのうち本当に何も言わなくなってしまいます。

反抗的と言ってもまだまだ小学生。親の影響力は強いものです。親から言われた言葉はグサッと胸に突き刺さり、後々まで響きます。

泣く

また、無関心もよくありません。反抗されて会話にならないときもあるかもしれませんが、様子をしっかり見てあげるのは親の務めですよ。

大人への階段

小学生といっても、友人関係や授業で悩みストレスを溜めている子は多いです。

おうちの中ぐらい指図されずに好きなことをやって、我儘を言いたくて反抗している場合もあるでしょう。

この頃の反抗はまだまだ甘えの延長戦と考え、ママは広い気持ちでいましょう。

確かに反抗期ってどこまでを受け入れて、どこからが叱れば良いのか境界線がよくわからず難しい問題です。

だけど子供自身を一人の人間として認め、あれこれ口を出さずに任せてあげれば、反抗は少なくなります。

今は小さくても将来は受験や就職など、自分で決断し行動しなければいけません。反抗するということは自己主張が出来るということ。

いつまでも親が決めることに頼っている大人になってしまっては大変!

それにどんなに反抗しても受け入れてくれた親の存在は子供にとって本当にありがたいものです。私自身、親には感謝の気持ちでいっぱいです。

反抗期は、長い目で見ても成長する上で必要な時期と考え、頑張りましょう。

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ