子供の高熱が続くけど元気 原因はなに?対処法は?

子供は特に生後半年から3歳くらいまではよく熱を出します。時には大人だったらぐったりするような高熱でもけろっとしているということがよくありますよね。
子供 高熱 続く 元気2

しかし、元気があっても高熱がずっと続くと何かの病気なんじゃないかと親は心配になってしまいます。

子供が高熱が続くけど元気な場合どんなことが考えられるか、またその時の対処法をご紹介したいと思います。

当たり前ですが、かかりつけの小児科で診察してもらうのが大前提です。その上でどんなことが考えられるかということを知るという意味で参考にしてください。

スポンサードリンク

どんなことが考えられるか

ほとんどの親が高熱が出たら心配ですぐに病院へ行くと思います。熱の出始めは熱以外症状が出ていなかったりして病気によっては正確な診断が出にくい場合があります。

受診後も子供の様子をしっかり観察しておかしいと思ったらすぐに病院へ行きましょう。

突発性発疹

初めての発熱の半分はこの病気です!前触れもなく出るのが特徴で、その高熱はなんと3〜4日も継続!急に高熱になるので熱性痙攣を起こす子供がいますので注意してあげてください。

その後熱が下がるのと同時に痛みもかゆみもない発疹が全身に出始めますが、この発疹自体はさほど心配しなくても大丈夫です。

熱の出始めはけろっとしていて、発疹が出る頃になると機嫌が悪くなることが多く、私の子供や友人の子供も発疹が出てくる頃に機嫌が悪くなりました。

熱の出始めでの受診では診断がつかないことが多いため発疹が出た後、改めて突発性発疹と診断されるケースが多いのが特徴です。

診断がつくまで数日かかりますので、小児科へ受診しましょう。
子供 高熱 続く 元気

風邪

発熱して受診する8割が風邪だと診断されています。

元気があり、水分もしっかり摂れて、よく眠れていれば様子見で大丈夫。しかしこじらせると気管支炎や肺炎、中耳炎になってしまうこともあるので注意が必要です。

また熱の出始めの受診した場合、風邪と診断されても別の病気だったということも!風邪が原因の熱やせきなどの症状は2〜3日です。

それ以上長引いたり、水分が摂れなかったりしたら必ず再受診しましょう。

予防接種の副反応

予防接種の種類にもよりますが副反応によって熱が出る場合があります。

特にMR(風疹麻疹)ワクチンの場合、発熱が20〜30%くらいの副反応の症状として出ていて、接種後5〜14日くらいにみられます。

接種後少し時間が経っているので気づきにくいこともあるかもしれませんが、予防接種の後は数日経って熱が出る場合もあるという事を頭の片隅においておきましょう。

あと肺炎球菌ワクチンも接種後発熱したという話を私の周りではよく聞きます。このワクチンの場合は接種した当日から翌日に出ることが確認されており、大体1〜2日で下がります。

ただ予防接種後の発熱が必ずしも副反応とは限りません。たまたま他の体調不良が原因ということも考えられますのでなるべく受診してください。

スポンサードリンク

高熱が出たときのホームケアについて

室温を快適にすること

暑くもなく寒くもないちょうど良い室温にしてください。エアコンを使用しても大丈夫ですが、風が直接当たらないよう気をつけましょう。

また冬の乾燥しやすい時期には加湿器などで湿度を40〜60%くらいに保って乾燥を防ぐのが大切です。

なるべく安静に

できれば眠って安静にしてほしいけど子供はなかなかそうはいきません。高熱でもおもちゃで遊んでいるなんてこともよくありますよね。

そんな時は無理矢理寝かせることはせずに静かに遊べるよう環境を整えてあげてください。

こまめに水分補給

熱で水分は失われてしまいます。一度にたくさん飲めない時は何回かに分けてあげてください。

おしっこの量が少なかったり、ぐったりしていたら脱水症状が起きているかもしれませんのですぐに病院へ!

我が家ではある程度大きくなって自分で飲めるようになってからは、枕元にストロー付きの水筒を置いています。特に夜中、目が覚めてすぐに飲めるのは親も子供も楽なのでおすすめです。

熱の上がり始めは体を温めて上がりきったら涼しく

子供が熱が出ると親は温かくしたほうがいいのが涼しくしてあげた方がいいのか迷いますよね。子供の様子を見て基本的にはこの方法で対応してみて下さい。

熱の上がりはじめのサインとしては顔色が白かったり、手足が冷えている場合が多いので、布団を一枚増やしたり、靴下を履かせたりしてあげましょう。

熱が上がりきった時は顔が赤くなったり、手足が温かくなるのがサインです。少し薄着にさせて、子供が嫌がらなければおでこなどを冷やしてあげてください。

こまめに着替を

汗をかき始めたらこまめに着替をしてあげましょう。また服は汗をよく吸ってくれる綿100%の服がおすすめです。

休日当番医や夜間救急のチェックを

体調不良が週末まで続いた場合や夜中の体調急変に備えて地域の休日の医療当番医や夜間救急を確認しておくのも大切です。

子供の高熱が続くと親も心配で疲れてしまいますが小児科医の指示に従って、お子さんをしっかり看病をしてあげてくださいね。

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ