赤ちゃんの歯が白い?虫歯の可能性は?

生後6ヶ月ごろになると、可愛い乳歯が生えてきている赤ちゃんも多いのではないでしょうか。
白い 虫歯1
歯が生えてくることで、おっぱいの他にもいろいろなもの食べられるようになります。目で見える子供の成長って親にとっては嬉しいんですよね。

ですが、歯が生えるということは、今まで気にしていなかった虫歯のリスクを考えなくてはいけません。

生えてきたばかりなのに、もう虫歯?と思うかもしれませんが、乳歯は大人の歯よりも虫歯になりやすいため、正しい知識とケアが必要です。

→→→子供を虫歯から守る歯磨き粉ならコレ♪

また、赤ちゃんの場合自己申告が出来ないので、ママが仕上げ磨きでチェックすることが大切です。

その際赤ちゃんの歯に他と比べて白くなっている部分があったら、初期の虫歯かもしれません。では乳歯の治療と対策についてはどうしたら良いのでしょうか?

スポンサードリンク

乳歯の生え始めはいつ?乳歯が虫歯になりやすい理由はコレ!

歯の生え始めは、生後6ヶ月ごろ〜生後9ヶ月ごろ。個人差が大きく、生後3、4ヶ月から生えてくる赤ちゃんもいますし、1歳過ぎと遅い赤ちゃんもいます。

乳歯は永久歯の2分の1程度の厚みしかなく、歯の質も弱いです。なので、虫歯の進行が永久歯よりも早く、あっという間に!?神経まで進んでしまう可能性が。

また、乳歯の奥の歯は溝が細かく汚れが溜まりやすいことも、虫歯になりやすい理由のひとつです。

乳歯はいずれ抜けてしまうから、永久歯で気を付ければいいと思っていては大間違い!!乳歯に虫歯ができると、口内の虫歯菌は増量します。

それを放置したままだと、、、顎の発達やこれから生えてくる永久歯にも、悪い影響が出る可能性がありますよ。ですので、乳歯のうちからしっかりと虫歯を予防しましょう!

→→→虫歯になりづらい口内環境を作る子供用の歯磨き粉はコレ♪

乳歯の色の違いに注意!虫歯?エナメル質形成不全症の可能性も

赤ちゃんの歯の仕上げ磨きをしていると、他と比べて白くなっている部分はもしかしたら、初期の虫歯の可能性があります。

虫歯は黒いと思いがちですが、実は進行の早い初期の虫歯の色は白いのです。特に乳歯の虫歯は、他の部分の透明なエナメル質の部分が白濁しています。

歯が白いから大丈夫!と思い込んでいると、突然歯に大きな穴が空いていることもあるんです!

  • エナメル質形成不全症の可能性

虫歯ではない場合もあります。私の子供の場合、1歳半ごろ生えてきた奥歯の先っぽに、少し白くなっている部分を見つけました。

白=虫歯だと思っていた私は、ドキドキしながら歯科へ。そこで言われたのが「エナメル質形成不全症」でした。「虫歯ではありませんよ~」と言われました。

調べてみると、エナメル質形成不全症は、歯のエナメル質がうまれつき上手く形成されなかった歯のこと。赤ちゃんがお腹の中にいるときの、母親の栄養などの影響が原因とか…。

歯が濃い白や黄色や茶色に変色していたり、さらにひどくなると、歯が欠けていたり凸凹だったりします。エナメル質形成不全症の部分は歯の質が弱く、他の歯より虫歯になりやすくなります。

対処法は、定期的に歯科でフッ素を塗ってもらうことと、できるだけ虫歯になりやすいジュースやお菓子は控えて、毎日仕上げ歯磨きをしっかりすること!

重度だと、治療が必要になってきますが、赤ちゃんが嫌がらずに治療できる年齢になるまでは、フッ素を定期的に塗りながら様子見ということもあります。早めに受診して相談しましょう。

ホームケアだけでなく、定期的に歯科でチェックしてもらうことが大切です。

私の子供は、定期的に小児歯科に行っていることと、毎日の仕上げ歯磨きのおかげか、3歳の今も虫歯にはなっていません。

スポンサードリンク

治療はいつから?

小児歯科に行ってみても、年齢が低すぎる場合、進行を食い止めて経過観察をする歯医者さんは多いようです。

確かに2歳くらいのイヤイヤ期では、ただ歯磨きを口に入れるだけでも一苦労ですので、治療どころではありませんよね。

話を理解して治療が受けられるようになるのは、幼稚園に入ってからだと思います。

虫歯の治療自体は大人の治療と変わりません。大人でも歯科治療はかなりのストレスに思う人も多いと思います。

子供ならばさらにストレスになりますので、泣き叫んでいる中押さえつけての治療ですと、その次は二度と歯医者に行こうとは思えないですよね。

ですので、大人の治療との一番大きな違いは、子どもがリラックスできるように配慮することです。

はじめのうちは治療も痛くしないように気を使い、歯医者さんに通うのが嫌にならないようしてあげるそうです。

また、生えかわる時期以前に、虫歯になったからと乳歯を抜いてしまうと、その抜いたすきまに他の歯が寄ってきて、永久歯が生えるスペースが十分になくなってしまいます。

すると、永久歯の生える方向が変になったり、ずれたりして、歯並びが悪くなるのです。もしも、歯医者さんにフッ素だけの経過観察と言われても、正常な診断ですので安心してください。

ですが、乳歯は虫歯の進行が早いっていうし、経過観察では心配なのが親心ですよね。ではこれ以上の進行を食い止めるにはどうしたら良いのでしょうか。

歯磨きは成長にあわせて!

まだ生え始めの時期は、歯ぐきがやわらかく傷つきやすいので、ママがガーゼや滅菌されたシートなどでやさしく拭いてあげます。

歯が歯ぐきからちゃんと顔を見せて生えてきたら、シートなどでの拭き取りだけでなくベビー用歯ブラシを使って磨いてあげましょう。

習慣になるように、食べた後は赤ちゃんには赤ちゃん用の歯ブラシを持たせてあげると良いです!ですが、まだ自分では上手に磨けないので、仕上げ磨きは必要です。

hamigaki_akachan

小さい子って歯ブラシを噛んだりしてすぐにブラシ部分がダメになっちゃうんですよね~。ですので、赤ちゃん用とママが使う仕上げ磨き用は別に用意しておくと良いですよ!

歯磨き剤も子供用はいろいろな味があるので、うちの場合は何種類か揃えて、歯磨きを楽しんでくれるよう工夫しています。子供が水をペッと出せるようになったら、使用してみてはどうでしょうか。

ライフスタイルの見直しを!

常に口に食べ物が入っていると、口の中が酸性になり虫歯になりやすくなります。ダラダラ食べは良くありません。

水分補給にジュースを飲んだり、決められた時間以外での間食をしたりするのはやめましょう。

また、キャラメルや飴は歯にくっつきやすく虫歯になりやすいので、お菓子も見直しましょう。

虫歯は3歳までが勝負だと言われています。一生虫歯で苦労する人は3歳までに虫歯菌が感染して、菌が定着してしまった人です。

だいたい3歳くらいまでに糖分を多くとらない環境にあれば、虫歯菌は感染しても口の中に定着はしません。

ですので、歯磨きや生活習慣で虫歯菌を感染させず、定着させなければそれが一番の虫歯予防になるのです。

スポンサード リンク


シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ