子供に湿疹が出た!考えられる原因は?

子供の肌って、毛穴がなくて、すべすべモッチモチ。女性の理想の肌の代名詞ですよね。ところが、意外にも湿疹に悩まされる子供は多いんです。
f9f90ebd9d2e06b083adf9003fe0f541_s

うちの息子はアトピーで、幸いというか、顔だけはすべすべ。でも、冬場は体の湿疹が増えるので、保湿が欠かせません。

息子が3~4歳の頃は色んな湿疹が同時に出て、皮膚科では「なんだこれ??」と言われ、本当に途方に暮れました。

下の娘は普通肌だと思っていたら、今年の冬は乾燥気味。関節の柔らかい部分がかゆくて、かきこわしてしまいました。息子に気を取られ、娘の保湿を怠けたことを反省中です。

子供の皮膚は大人より薄く柔らかだから、トラブルが起こりがち。特に冬は乾燥による湿疹が増える季節。一見きれいでも、実は乾燥していることが多いんですよ。

今回はよくできる子供の湿疹にはどんなものがあり、どんな原因が考えられるかなど、わかりやすくお伝えして行きますね。

スポンサードリンク

湿疹って?

湿疹は、ブツブツ、かさつき、赤み、かぶれなど、皮膚の炎症のこと。皮膚炎とも言います。典型的で判断しやすいものがある一方で、半数以上は原因が不明です。

ウイルスに感染して、熱などの風邪症状とともに出る湿疹、肌が細菌感染して出る湿疹、アレルギー性湿疹、外からの刺激による湿疹などがあります。

子供に多く、原因不明とされやすい湿疹

乾燥肌(小児乾燥性湿疹) 原因・・・乾燥

幼児期から学童期の子供は、肌が乾燥しやすくかゆみからかきこわして炎症を起こします。

保湿などのスキンケアを心がけ、かきこわしや強い摩擦を予防することで、ほかの皮膚炎を招くのを防げます。肌着は綿の物を。

あせも 原因・・・汗

最近は冬でもあせもになる子が多いです。子供は大人より1枚薄着でOK!

清潔を心がけ、薬を塗っても治らず悩んでいる方は、病院を変えてみては?

薬が効かないひどいあせもに、桃の葉を煎じたエキスや、風呂上りの塩水パッティングが効く事もありますよ。

あせもに必要のない、強いステロイドを処方されることで、カンジダや癜風菌に侵され、こじれたりします。

毛虫かぶれ 原因・・・毛虫の毛

毛虫に触れなくても、かぶれるんです!毛虫の毛が空気中を漂い、肌に悪さをします。

家の周りや学校で、毛虫が繁殖していないか確認を。毛虫かぶれは、かゆみの強い湿疹が固まって出ます。

虫さされ  原因・・・虫

人を襲う虫は蚊だけでなく、ノミ、ダニ、南京虫などがいます。ペットや、古布団、身近に海外帰りの人がいるなど、心当たりはないですか?

ノミは主に膝下に多数、ダニは体の柔らかい所に大抵1ヵ所、赤い湿疹が出て1週間位強いかゆみが続きます。南京虫は噛み跡が2つ付きます。

とびひ 原因・・・かきこわしなどから入った黄色ブドウ球菌

鼻の中に多い菌なので、鼻をほじる子は注意を。アトピーの子も移りやすい菌です。

痛痒いジュクジュクした湿疹が短時間で広がるので、早めの受診を。感染を防ぐ為、タオルや入浴は家族と別で。

スポンサードリンク

じんましん 原因・・・特定できないことが多く、複数の原因がある場合も

子供はストレスや、風邪などのウイルスが原因の場合がよくあります。

虫・植物・食物・薬アレルギー、紫外線、急な温度変化(冷たい物を食べたり飲んだりも)空気中の食物成分でアレルギー症状を起こすことも。

かゆみが強く、大きさが様々な膨らんだ湿疹がくっつき、地図状やリング状になったりします。

湿疹の場所が変わったり、出たり消えたりすることも。数分から1日で消える場合が多いです。1ヶ月以上続くと慢性じんましんになります。

アトピー性皮膚炎 原因・・・アレルギー素因がある(食物アレルギーとは限らない)

簡単に言うと、肌がとても弱い体質。黄色ブドウ球菌などで悪化します。

一人ひとり原因や症状が違い、リバウンドを繰り返します。周りの環境や物質に過敏な子が多いんです。

ハウスダスト、紫外線、汗、急な温度変化、洗剤、柔軟剤、食物アレルギー、歯の詰め物、カビ、虫刺され、食品添加物など原因は様々

カサカサ、ぶつぶつ、膨らんだ湿疹、膿のある湿疹など、複数の湿疹が出る事も。強いかゆみが特徴。

自家感作性皮膚炎 原因・・・湿疹ややけどなどの悪化、間違った治療による悪化で発生した細菌などの影響

体の一部にできた重い皮膚炎によって、リンパ球が活発になることで、1週間~10日後、離れた所に強力にかゆい細かな湿疹が、散らしたように出ます。

その湿疹が体中に広がったり、湿疹がくっつき大きな湿疹や、水ぶくれになることも。

最初の湿疹が治らないと、広がった湿疹も完治しません。3ヶ月から半年と治りにくいのが特徴。早めの受診を。

その他の湿疹

風疹や溶連菌感染症、リンゴ病は識別が難しく、小児ストロフルス、風邪に伴う湿疹、薬疹などは原因がわかりづらいです。

湿疹が出たら

素人判断で薬を塗るのは、湿疹をこじらせる元。出る前や当日の行動、食事をチェックして1、2日経っても治らない時は病院へ。勝手に薬を止めるのはダメですよ。

原因不明なのに、安易に出されるステロイドは逆効果のこともあるので、治りが悪い時は相談するか、病院を変えましょう。
cb6a37f8e048f29a6295ccdafeb3aae0_s

普段から予防を

感染症は家族に移りやすいので、普段から手洗いうがいを入念に。風呂上りには保湿、爪は短く、湿度は50~60%にします。

親が気にしすぎて、子供にストレスを与えないようにすることも重要ですね。

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ