子供の元気がない…もしかしたら夏バテ?!食欲がないときの対応は?

暑い日が続くと、冷たいもの欲しくなりますよね。初めての一人暮らしのとき、私も暑さとだるさから毎日素麺ばかりを食べていました。

外に出ると暑いので、常にエアコンの下に。しばらくそんな生活をしていたら、なんだか胃が痛いし、疲れが抜けない…。典型的な夏バテになってしまったのです。

夏

大人でも夏を健康に乗り切るには気を使わなければいけません。まして子供は大人よりも体力がないので、夏バテにもなりやすいのです。

最近子供がなんだか元気がなく、食欲がなくなった…と感じ始めたら、もしかしたら夏バテしているのかも?!

夏バテは体力を回復したくても食欲がないので、なかなか回復できないんですよね。

風邪のように目立った症状もないので、病院に連れていくかも迷ってしまいます。

夏は避けようがないので、夏バテについての知識はママとしてぜひ知っておくべき!

では子供が夏バテが原因で食欲がない場合、どうしたら良いのか見ていきましょう。

スポンサードリンク

なぜ夏バテに?

夏は暑くて蒸し暑い…この高温多湿の状態で人間はかなりのエネルギーを必要とします。

通常よりも体への負担がかかるため、上手く対応出来なければ夏バテになってしまうのです。では夏バテの主な症状について見ていきましょう。

自律神経の乱れによる体の不調

外に出れば暑く、部屋の中は冷房が効き過ぎ。このような気温の急激な変化には体が対応できず、自律神経が乱れます。

自律神経とは、排泄や消化など自分の意思とは関係なしに働く神経の事。この自律神経が乱れてしまうと、体への影響が出てきます。

胃腸が弱ったり、微熱が続いたりするのはこのためです。

疲れが取れない!

夏バテになると疲れやすくなり寝つきも悪くなります。猛暑が続けばさらに眠れない夜が続くことに。そんな睡眠不足が夏バテに拍車をかけます。

人は睡眠中に体力を回復しますので、熟睡できない日々が続けば疲れは溜まっていく一方なのです。

胃腸が痛い!

暑いと食欲がなくなりがち。夏はどうしても冷たい食べ物や飲み物が欲しくなります。のど越しの良い冷たい麺類なら食べやすいですよね♪

ただ自律神経が乱れて胃腸の働きが弱っている状態だと、冷たいものはかえって胃を痛めてしまう原因に。

結果胃痛や吐き気などの夏バテを悪化させてしまうことになるのです。

スポンサードリンク

食欲がないときは?

夏バテで大切なのは栄養をとってたっぷり休息すること。だけど食欲がないときに栄養をとることって難しい…。子供に何を食べさせれば良いのか悩みますよね。

食欲がないときでも無理に食べさせた方が良いのか…。だけど食べなければ栄養はとれない…。

なので子供が食べられるものがあれば食べさせたほうが良いのです。かといってお菓子のようなものばかりではいけません

少量でも栄養が取れるものが良いですね♪夏バテにはビタミン類やミネラルが重要なのでタンパク質や緑黄色野菜を意識して摂取しましょう!

枝豆

夏と言えば枝豆♪タンパク質やビタミン類が豊富でまさに夏バテ対策になる食べ物です。冷凍の枝豆でも問題ありません。

チーズ

少量でも栄養価の高いですよ。キャンディタイプなら一口で手軽に食べられますね♪

トマト

緑黄色野菜で言えば、トマトが良いですね。酸味が食欲を増してくれますし、体を冷やしてくれる効果もあります。

トマト

酸っぱいものや辛いものが大丈夫な子であれば、食事に取り入れてみるのも。

他には香りで食欲を促す方法もあります。お腹が減ってないのに、カレー屋さんの前を通ると食べたくなったりしますよね。

ただ胃が痛い場合は、消化が良く温かいものを。胃腸が弱っている時に刺激の強いものを更に体力が奪われます。

以前私が夏バテした時は、お腹がすくのに胃が痛いという症状でした。欲求のままガツンとしたものを食べてしまうと必ず後悔…。

もちろん栄養をとるだけではなく休息も必要です。疲れが酷い時は幼稚園や学校を休ませてゆっくり休養しましょう。

夏バテにならないためには?

夏バテから回復するためには栄養をとってたっぷり休息すること。食欲が無くても栄養は摂らなければ回復しないので、タンパク質やビタミンを多く含む食品がおススメです。

大人でも辛い夏バテ…いつもは元気いっぱいの我が子が急にぐったり。食欲がないのは本当に心配ですよね。子供にはいつも元気でいて欲しいものです。

夏はとくに自律神経が乱れる原因が多いため、意識して正すことが夏バテにならないポイントに!

え?自律神経って正すことできるの?と思うでしょうが、方法は簡単。規則正しく生活することです。

決まった時間に食事をし、早寝早起きを心がけること。起きるときは朝日を浴びること…。

子供にとってはすごく基本的なことですが、夏休みに入ると生活は乱れてしまうもの。休みだしいいか~、とついつい親も甘くなってしまうんですよね。

うちも休みに入ると朝も夜もゆっくり…。親子共々暑いしダルいし何もしたくない~。

だけどそんなダラダラした生活が夏バテを助長してしまうのです。今年の夏は見直さなければいけませんね!

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ