発達障害は3歳から特徴が出てくる?親ができるサポート方法は?

「発達障害」と聞いて、いいイメージを持つ方はあまりいないと思います。自分の子供は大丈夫?と心配になる親も多いでしょう。

私の友人に子供が「自閉症」と診断されたお子さんがいます。お子さんが3歳の頃「自閉症」の診断を受けました。
141001_6783_09240_333_250
友人は3歳くらいの頃、他の子供と比べて「あれ?何かうちの子供は他の子供と違うな?」と思ったそうです。

その友人の子供は、もう中学生になりました。苦手なことはありますが、楽しく学校生活を送っています。

子供が成長するにつれて、他の子供と一緒にいる自分の子供を見る機会が増えます。

その中で「みんなはできてるのに、なんであなたはできないの?」と子供を怒ってしまい、傷つけてしまうことがあります。それは、もしかしたら「発達障害」のせいかもしれません。

今回は発達障害の3歳の特徴ってどんなものがある?もし、発達障害と子供が言われたら、親はどうサポートしたらいいの?についてお話ししたいと思います。

スポンサードリンク

発達障害は3歳から特徴が出てくる?

発達障害には様々な種類があります。おもにIQ(知能指数)で区別されます。簡単に違いを説明します。

知恵遅れのあるものは「学習障害(LD)」と「注意欠陥/多動性障害(AD/HD)」があります。

そして、知恵遅れのないものは「高機能自閉症」と「アスペルガー症候群」があり、二つあわせて「広汎性発達障害」といいます。「広汎性発達障害」は3歳くらいから特徴が出てきます。

言葉の遅れや、人がたくさんいるところを嫌がる、目を合わせない、人見知りが異常に強い、名前を呼んでも振り向かない、オウム返しをするなどの特徴があります。

1~2歳くらいだどわからないですが、3歳くらいになると、ほとんどの子供がじゃべるようになるし、ママから離れて、同じくらいの子供と遊んだりするようになってきます。

発達障害は、生まれつきの脳の障害です。そして、なかなか気づくのが遅くなってしまう障害です。「なんか個性的な人、空気の読めない人」と思われ、大人になるまで障害に気づかない人もいます。

発達障害は、親のしつけのせいではありません!生まれつきもって生まれた脳の障害です。もし、自分の子供が「発達障害」と分かっても、どうか自分を責めたりしないでくださいね!

スポンサードリンク

言葉が遅くてコミュニケーションができないのは発達障害?

3歳くらいになると、子供の個性がはっきりしてきます。それは単に「個性」なのか?成長が少し遅いのか?または、「発達障害」なのか?自分で判断するのは難しいです。

でも、「うちの子供もしかして発達障害?」と思ったら次の例を参考にしてみてください。

①言葉の発達が遅い

3歳くらいになると、大人と同じように会話できる子供もいますよね。そこまでではないのですが、3歳を過ぎても言葉が出なかったり、単語しか言わない場合は発達障害化もしれません。

②こだわりがある

とっても得意なものがある反面、全くできないもがある場合です。できることとできないことの差が激しいときです。また、偏食がひどいのも「こだわり」の一つと言われています。

③パニックをおこす

例えば、一緒に散歩に行って、毎日おなじ道で行って帰らないとパニックになったりすることがあります。予定が変わってしまった時もパニックを起こしたりします。

④落ち着いてじっとしていられない

意識をせず動き回ってしまい、すぐどこかへ行ってしまいます。また、椅子にじっと座っていられなかったりします。たまに、チックの症状が出る子供もいます。

⑤「ごっこ遊び」をしない

発達障害の子供は「流れを読む」ということが苦手なので、ごっこ遊びができません。よく、ぬいぐるみに「あーん」とご飯を食べさせる真似をしたりしますね。

しかし、発達障害がある子供は他人と関わって何かをする、ということが理解しにくいのです。

⑥言葉のキャッチボールができない

人とのコミュニケーションが苦手なので、お友達に一方的に会話をしたり、言われたことをそのまま返す「オウム返し」をします。

⑦人見知り、場所見知りが異常に強い

人がたくさんいる所や、大きな音、圧迫感のある建物など敏感に感じて、とても嫌がり泣いたりします。

発達障害かもと思ったら?親ができることは?

3歳になると、保育園や幼稚園に行くようになる子供が増えると思います。同じような年齢の子供と接してる様子を見ることが増えていきます。

その中で、行動や言葉などで他の子供と比べてしまうことがあると思います。
1357879
「あれ?もしかして・・・うちの子供・・・」と発達障害を疑った場合、まずは、小児科や、自治体の保健センターなどに相談してみてください。

話を聞いてアドバイスをくれたり、そこから、専門医などを紹介してくれることもあります。

知的障害がない場合は判断が難しく「グレーな子供」として「様子を見て行きましょう」と言われるかもしれません。

しかし、まだ3歳で大きな差はないかもしれませんが、4,5歳、小学生になっていくと、その差はどんどん大きくなっていきます。

周りの子供と比べて「あれ?うちの子供なんか他の子供と違うかも・・・」と思ったら専門家に診察してもらいましょう。

「発達が遅いだけ」とそのままにしていると、適切なサポートができないままになります。発達障害はその子供に合った接し方で症状が良くなることがあります。

もし、子供に発達障害があるとわかったら、なるべく早いうちにその子供に合った対応をしましょう。

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ