子供のいびきは要注意!原因は何?

すやすやと寝息をたてる子供。おやつを食べている時と寝ているときは本当に静か♪まさに寝顔は天使!

…と自分の子供の寝顔を見て思っていたのですが、ある日長男がいびきをかいていることに気が付きました。

寝顔

大人のいびきの原因は肥満も関係しているようですが、ガリガリの長男に限ってそれは絶対ない!

そういえば私も小学生の頃母からあんた夜いびきかいてるよ~と言われショックだった思い出が…。

まさか遺伝?!とあれこれ悩んでいたものの、どうすることもできずにそのままいびきの問題を放置。

大きくなって悩んだら可哀想と思いますが自分でコントロールできないことなので治しようがない!

私はずっとそう思っていたのですが、あるとき子供のいびきには大人とは違う原因があるという話をきいたのです。

まさか病気?!だけど原因があるということは治る可能性もあるはず!と調査開始。

そして子供のいびきについて様々なことがわかったのです。では子供のいびきの原因とは何なのか見ていきましょう。

スポンサードリンク

いびきのメカニズム

寝ている間に気道が狭くなるといびきをかきます。例えば中年になり首の周りに脂肪がつくと圧迫されていびきをかきやすくなります。

またお酒を飲むと筋肉が緩みいびきをかきやすく…他にも年齢による筋肉の衰えも原因になります。

このように大人のいびきは原因が様々なのですが、子供は基本的にいびきをかかないのです。

いびきをかくということは、何か原因があるので、酷い場合は病院を受診することをおすすめします。

いびきって何科?

いびきをかいているだけで病院って受診しづらいですよね。いびきは喉や鼻が原因なので病院に行く場合は小児科よりも耳鼻科が良いですよ。

また普段はかかないけど、風邪のときはいびきをかく子は多くいます。その場合風邪が治れば、また元のようにすやすや寝てくれるようになるので大丈夫♪

日中は元気だけれど、毎晩大きないびきをかくという子は、寝ている姿を動画にとって受診するのが良いですよ。

スポンサードリンク

いびきの原因

いびきって一緒に寝ていると気になりますよね。隣で寝ている長女は全く気にせずぐっすり寝ているのがすごい…。ではいびきの原因を見ていきましょう。

鼻の疾患

うちの長男のいびきに気付いたのは3歳くらいでした。そのころはよく風邪を引いて年中鼻水も出ていました。くしゃみも豪快で、するたびに鼻水も爆発!

また風邪か~と思っていたら、ある日ママ友から、もしかしたらアレルギーかも!と言われ検査を受けることに。

結果はハウスダストのアレルギーがかなり高め。そのため鼻水もひどかったよう。鼻が詰まるので口呼吸になり、それがいびきの原因になっていたのです。

それから薬を飲み、少し成長したことで鼻水も以前よりも治まり、いびきも軽減したように思います。

扁桃腺肥大

熱が出たときに、病院に行くと扁桃腺が腫れていると言われたことってありませんか?扁桃腺はのどちんこの横にあります。

これは口蓋へんとうと言われるもので、実はのどちんこの後ろにはもう一つアデノイドと呼ばれる扁桃があるんですよ~。

これらの扁桃腺は成長とともに小さくなるのが普通ですが、中には肥大してしまう場合がありそれがいびきの原因になるのです。

こんな場合は危険!

扁桃腺が肥大すると、日中は口呼吸出来ますが、寝ている間は狭い気道で呼吸をしなくてはいけなくなります。

このときいびきとともに胸がへこんでいる場合は要注意!毎晩この状態が続くと、徐々に胸の形が変形してしまうことも。

無理して呼吸をしなくてはいけないのでかなり寝苦しく、無呼吸症候群になってしまうこともあるんです!

扁桃腺は手術で切除することが出来るので、早めに病院を受診しましょう。

受付

放っておくのはNG!いびきの影響は!?

私の長男の経験上鼻づまりが解消するだけでもいびきはかなり良くなると思います。今でもたまにかいてはいますが、以前よりもずっと良くなりましたよ~。

激しいいびきが連日続く子供は、鼻の疾患や扁桃腺が肥大しているという原因が考えられます。

治療や手術によって軽減し良くなるので、早めに耳鼻科を受診しましょう。

子供がいびきをかくということは、きちんと熟睡できていないということです。

日中ぼーっとしていたり、集中できなかったりする子はいびきが原因になっている可能性も。

夜熟睡できないので、お昼寝をしてしまい夜寝付けず生活リズムが乱れる原因にもなります。

そして子供の場合、睡眠と密接な関係にあるのが成長ホルモン。眠りが妨げられると、体の発育にも影響があります。

いびきといっても侮るなかれ!私も初めはいびきかいているなぁ~くらいにしか思っていませんでしたが子供のためにきちんとした治療をした方が良いですね。

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ