発達障害の遺伝は兄弟にも?親との関係は?

発達障害にもいろいろな種類があります。症状も人によって違います。自分の子供が「発達障害」と診断されると、やはり悩むことが多くなります。

2,3人目の子供だとあまり考えないかもしれませんが、一人目の子供が「発達障害」と言われたら「次の下の子ももしかしたら・・・」と考えてします。

親戚に一人目が発達障害の子供がいます。「どうしても二人目の子供が欲しい」と言っていました。

kyoudai

「上の子供が大きくなったときは先に死んでしまう。そうなったときに兄弟がいたら安心だから」だそうです。

同じように考える親もいますが、逆に一人目の子で手がいっぱいだったり、遺伝を気にして「もう二人目はいらない」と思う人もいますよね。

今回は、発達障害は遺伝するの?兄弟で遺伝する?もしかして発達障害は親から遺伝するの?についてお話ししたいと思います。

スポンサードリンク

兄弟で発達障害は遺伝するの?

上の子供に発達障害があった場合、どの親も「次の子供も発達障害があったらどうしよう・・・」と思うでしょう。

そして、悩みますね。では、兄弟でどれくらいの確率で発達障害は遺伝するのでしょうか?

発達障害の中で広汎性発達障害は、一卵性の双子の場合、90%もう一人の子供も発達障害を持っていると言われています。広汎性発達障害は遺伝の影響が大きいということです。

また、アスぺルガー症候群でも一卵性の双子の場合50~80%の確率で持っています。結果、遺伝する確率は多いように見えますが、医学的根拠が見つかっているわけではありません。

では、兄弟や姉妹でどれくらいの確率で遺伝するかというと、具体的な確率の数値はわかっていない状態です。

兄弟で発達障害を持っている可能性はありますが、現在多くの発達障害について、原因になるといわれる遺伝子は見つかっていないのです。

上の子が発達障害だからといって下の子に遺伝するとは限らないです。

親が発達障害だとの子供に遺伝する?

発達障害の中で遺伝性が高いと言われているのが、ADHDです。しかし、まだ研究途中なので医学的根拠はありません。

しかし、発達障害のある家族の親族をみると、同じような症状を持った人がいることが多いです。

単に「親子だから似てる」と思うかもしれませんよね?片付けが苦手な親なら、子供も苦手だったりします。それが発達障害か、単に性格かすぐにはわかりません。

発達障害は脳の障害です。しかし、親の世代はまだ「発達障害」という言葉もなかった時代ですので、発達障害に気づかず「変わった人」ですまされていたかもしれません。

子供が発達障害と診断されて、「そういえば、自分の子供の頃と同じだ。もしかして、私も発達障害だったのか?」と気づく親もいるようです。発達障害は必ず遺伝するというものではありません。

しかし、遺伝しない可能性は0ではありません。もし、発達障害と分かっても長所を伸ばして、社会に居場所があれば十分生きていけます。

発達障害は遺伝があるかもしれませんが、「親が持っている特性が子供に遺伝した」くらいの考えることにしましょうね。

スポンサードリンク

上の子供が発達障害なら二人目は望まないほうがいいの?

私の親戚の場合、上の子供が発達障害と診断されて、大きくなり少し落ち着き、手がかからなくなったころ二人目を出産しました。彼女はどうしても二人目が欲しかったようです。

彼女の場合はそうでしたが、逆に「二人目はいらない」と考える人もいると思います。どうしても、発達障害の子供の親は、その子供に手がかかり大変です。

障害にもよりますが、目を離したらどっかに行ってしまったり、人見知りが激しくて親から離れられなかったりと、思うようにいかないことがたくさんあります。

なので、「上に発達障害のある子供がいる場合、二人目は望まないほうがいい」という意見もでてくるのです。

kyoudai2

うちの親戚の場合は、お互いに好影響をもたらしています。上の子は「お兄ちゃん」になりしっかりしてきました。下の子は、上の子のサポートをして上の子よりもしっかりしてます。

上が発達障害がある場合、二人目を悩むところですが、発達障害以外の障害の可能性もあります。大きくなってから事故にあうこともあります。

なので、「育てあげる」自信がないのであれば、発達障害があるなしに関係なく、やめておいたほうがいいでしょう。

発達障害のある子供は正しい支援をしてあげると、親も子供も無駄に傷つかなくていいのです。早いうちに専門家や療育を受けたら症状もよくなり、兄弟仲良く幸せに暮らすこともできますよ!

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ