赤ちゃんが下痢の時の離乳食♪回復を早めるにはコレ!


赤ちゃんの、かわいい笑顔は、毎日ずっと、見ていたいですよね。

ちょとでも体に変化があると、機嫌が悪くなる赤ちゃんを、見るのは、辛いし、かわいそうです。

7a196f67086b4a83f09e6fbdd17306c3_m
下痢は、具合だけじゃなく、お尻周りも、気持ちが悪くなるから、赤ちゃんの、不快指数は、上りっぱなしですよね。

早く、赤ちゃんの、いつものかわいい笑顔を、取り戻してあげましょう。下痢の時の離乳食について、ご紹介します!

スポンサードリンク

機嫌が悪くなく食欲もあるときの下痢

離乳食に変えたばかりの下痢や、ちょっとした下痢は、赤ちゃんには、よくあることです。

そのちょっとした下痢のときには、まず、赤ちゃんのお尻の状態に気をつけてくださいね。かぶれたりしていませんか?

離乳食初期の頃なら、離乳食をお休みして、母乳、ミルクに戻してみたり、離乳食の量を、減らしてみましょう。離乳食中期、後期なら、ひとつ前の期間の離乳食に、変えてみましょう。

下痢のとき、おなかに優しい、りんごを、使ったおかゆのレシピです。

たとえば、いつもより、細かく切ったり、ゆでる時間を増やして、柔らかめに、作ってみます。

離乳食の内容も、食物繊維が多いもの、油、脂肪など、消化しづらいものは、控えてください。

すぐには良くならないので、しばらく様子を、みることも大事です。だんだん便が固くなるので、それに合わせて、離乳食の、固さも変えていきましょう。

ポイントは、便の固さと同じ固さの、離乳食を、与えることです。

下痢になると、せっかく進めてきた、離乳食を、「いちからやりなおしか!」と、がっかりしてしまいますよね。

赤ちゃんも、一生懸命、大人になろうと、小さな体で、頑張っています。お母さんは、その成長をゆっくり、「離乳食のやりなおし」と「無償の愛」で助けてあげてくださいね。

スポンサードリンク

ヒドイ下痢には少しづつの白湯を

いつもと違って、赤ちゃんの機嫌が悪い、食欲がない、嘔吐もあるときは、脱水症状に、気を付けてください。

大人でもそうですが、ちょっと水分を、とってもすぐに、出てしまいますよね。赤ちゃんは、もっと注意が必要です。病院に連れていく前に、脱水症状に、陥らないようにしてください。

下痢になるからと、何も与えないままだと、脱水症状になります。ひどい下痢のときは、少しづつ水分を与えます。少しでも多いと、すぐに水便で、でてしまいます。

私がしていた方法はこれです。スプーン3分の1くらいの、少ない白湯から、与えました。

少しの量でも、水便にならずに、おむつがキレイならば、次に、スプーン半分の白湯を、与えます。赤ちゃんのオムツの様子を、見ながら徐々に、白湯の量を増やしていきます。

離乳食のやり直しと同様、時間は、かかりますが、根気よく、赤ちゃんを元気にしてあげましょう。
07885ae7da08e979589135a9cb48954b_m

下痢の状態をしっかりチェック

赤ちゃんのオムツの中は、赤ちゃんの体内そのものです。いつもの便のニオイ、形、固さが違うとわかってあげられるように、おむつの中の、チェックを、毎日しっかりやりましょう。

食べたものにもよりますが、白い粒や、少し緑がかった下痢なら、さほど心配はないでしょう。

しかし、全体的に、乳白色の下痢の場合、ウイルスに感染しているかもしれません。早めに病院へ連れて行ってあげましょう。

赤ちゃんは、もともと便が柔らかいので、下痢かどうか、判断できない場合もあると思います。

一日に、何度も柔らかい便や水のような便が出る。食べたものが、消化しないで、出てきている。

そんなときは、下痢を疑ってください。下痢をしているときは、消化機能が弱っている証拠です。消化器官に、負担がかからない、離乳食、水分を、与えてください。

病院に行くときは、赤ちゃんの下痢がついたオムツも、持っていってください。その下痢を調べれば、ウイルス性なのかどうかわかりますので、治療が早くなります。

そして、下痢のオムツを取り換えた後は、すぐに手洗いをしてください。お母さんも、赤ちゃんも、大変ですが、必ず治るので、頑張りましょう!

スポンサード リンク


シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ