汗をかかないのは病気?子供への対処の仕方はこれ♪

最近、夏の暑い日に戸外を走り回りながら、汗をいっぱいかいている子供を、あまり見かけなくなったように思いませんか?

うちの子供も、走り回って暑いはずなのに、汗をあまりかかなくて、あとで急に熱が高くなって慌てたことがありました。

汗1

汗をかかないのは、病気のサイン?成長すれば自然に、汗をかくようになるの?病院に行った方がいいの?いろいろと気になってしまいますよね。

汗をかかないことと病気は関係があるのか、子供にはどう対応すればよいのかをご紹介します♪

スポンサードリンク

どうして汗をかくの?汗腺の働きは3歳までに!?

そもそも、なぜ人間は汗をかくのかというと、気温が高くなったり運動や発熱で体温が上がると、汗と一緒に熱を放出しようとするからです。

体温が高くなりすぎると、機械がオーバーヒートするのと同じように、体の機能もおかしくなってしまいます。だから自分で調節しようとするんですね。

汗は汗腺という毛穴から出てくるのですが、その数は、育った場所の気候や人種などによって、違いがあるそうです。

暖かい地方で育った人は、寒い地方で育った人より、汗腺の数が多いので汗をかきやすいんです。

汗腺の働きは、3歳までの間に、どういう環境で過ごしてきたか、で決まるんです。それ以降は、環境が変わっても変化しません。

ですから、赤ちゃんの時に、いつも空調が整った適温の部屋で過ごすと、汗をかく必要がないので、汗腺が発達しにくくなります。

逆に、子供の時によく体を動かして遊んでいると、基礎代謝がよくなり、汗をかきやすい体質になるんですね。

汗をかくということは、体温調節がうまくできているということ。つまり、暑いのに汗をかかないのは、身体にどこか不調があるサインでもあるのです。

ですから、小さいうちに汗をかくような生活をしていることが、将来的にも大切なんですね。

スポンサードリンク

汗をかかない原因は?病気?

汗をかかないと、体の熱を発散しにくいので、熱中症などにかかりやすくなるんです。イライラしやすくなることもあるようです。汗をかかない原因には、どういったものがあるのでしょうか。

赤ちゃんの時は、夏場になると病気でもないのに、熱を出すことがあります。お風呂上りに顔がほてって、ぐずったりすることも。

これは、まだ体温調節がうまくできないからなんです。そういう時には、涼しいところで水分補給をして、わきの下などを冷やしてあげましょう。

大体の場合は、クーラーをかけすぎたり、体を極端に動かさなかったりする生活をしていなければ、徐々に体温調整が上手くできるようになります。

2,3歳になってもあまり汗をかかず、体温も低めの子供は、低体温児かもしれません。

基礎代謝が低くて、体に熱を発しにくいので、汗をかきにくい体質になっているんです。

日頃から体をよく動かしたり、お風呂にゆっくり浸かったりすると、徐々に汗をかきやすくなってきます。

一方で、病気の症状であることもあります。

無汗症・乏汗症
汗が出なかったり少なかったりする病気で、体温を調節する神経に障害があったり、皮膚の病気ややけどなどが原因になったりします。

アトピー性皮膚炎などがあると、汗腺がつまって、汗が出にくくなってしまうこともあります。

皮膚が乾燥して、荒れてざらざらしていたり、ふけのようなものができて、かゆがったり痛がったりすることがあったら、気を付けましょう。

無痛無汗症
稀に見られる先天性の病気です。痛みを感じず、体温調節ができずに、気温で極端に体温が上下することが特徴です。

痛みを感じないので、けがや骨折をしやすかったり、寒い時には体温が下がりやすかったりすることで、気づくことが多いです。

肌の状態が明らかに違うことも多いので、気になるときには、皮膚科の先生に相談してみると良いかもしれません。

汗2

どう対処すればいいの?

汗をうまくかけずに、体温が上がってしまったり、機嫌が悪くなってしまったりした時には、どうしたらよいのでしょうか。

まず、水分補給をしてあげましょう。一度にたくさんの水分をとるよりも、何度かに分けて水分を与えた方が、身体に水分が行きわたりやすいですよ。

それから、体温を下げてあげましょう。濡れタオルやジェルシートなどで体を冷やしてあげたり、涼しい場所に移動させたりするといいですよ。

体を冷やすときには、わきの下や足の付け根などを冷やしてあげると、早く体温が下がります。

体に水のスプレーやミストシャワーをかけるのも効果的!汗の代わりに、肌の表面から熱を発散させて、涼しくしてくれますよ。

あとは、体を清潔にすることで、汗が出やすくなることもあります。ぬるめのシャワーで洗いましょう。

ともあれ、子供のうちにできるだけ体を動かして、汗をかく生活をすることは、大切なことです。

冷房の効いた部屋から出て、こまめに水分補給しながら元気に遊ぶことが、汗をかきやすい体質にする一番の近道です♪

スポンサード リンク

シェアして応援してください♪

次に読まれている記事です♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ